敏感肌のニキビケアの仕方

敏感肌のニキビケアの仕方

ニキビは、脂性肌にのみ出来るものではありません。

 

乾燥気味の敏感肌でもニキビは発生します。

 

敏感肌の場合、脂性肌と同じようにニキビケアをするとニキビの悪化に加えて肌全体の調子が悪くなってしまう事があります。

 

脂性肌のニキビケア商品には、アルコールが含まれている事が多くそれが敏感肌にとっては刺激となったり皮脂を奪ってしまい肌荒れという結果に繋がってしまうのです。

 

敏感肌のニキビケアにとって最も大切な事は、皮脂を取ることでも殺菌をすることでもありません。

 

刺激を与えず、皮膚に潤いを与えるケアが大切なのです。

 

そのため使用する化粧水や美容液は、アルコール入りではなくヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分入りがベストです。

 

特別に敏感に傾いてしまっている時には、ニキビケアに最適と言われているビタミンCでさえも皮膚の刺激になってしまいます。

 

肌がある程度落ち着くまでは、こうした攻めのニキビケアは控えましょう。

 

洗顔はニキビにとって敏感肌でも大切にしたい工程です。

 

汚れを落とすことは、ニキビの改善には欠かせません。

 

敏感肌のニキビケア洗顔は、殺菌成分などが入っていないシンプルな洗顔料や石鹸をよく泡立てて泡で顔を洗うようにします。

 

ピーリング石鹸を使用する必要はありませんが、ニキビの原因となる肌の汚れは洗顔料を使って落とす必要があります。

 

間違って脂性肌と同じようなスキンケア、洗顔をしないようしましょう。

年齢に合ったニキビケア

 

ニキビケアは年齢によって変えていかなければなりません。

 

というのも思春期ニキビと大人ニキビでは、ニキビが発生するメカニズムが異なるからです。

 

思春期ニキビのニキビケアは、肌を清潔に保つことが第一です。

 

成長のためのホルモンが活発になり、肌に異常に皮脂が分泌することで毛穴詰まりを起こしてニキビが発生します。

 

ですので、とにかく綺麗に洗顔をして皮脂を落とすことがニキビケアには重要になります。

 

朝晩や汗をかいた後に洗顔の習慣をつけるようにしましょう。

 

大人ニキビは複合的な原因で発生します。

 

生活習慣の乱れや睡眠不足、ストレスや偏った食事、女性の場合は合わないスキンケア用品や化粧用品が原因でニキビが発生します。

 

大人ニキビのニキビケアはニキビ自体に薬を塗ったりするよりも、生活そのものを見直す必要が出てきます。

 

バランスのいい食事と充分な睡眠、それから精神的な負担を軽減して心身ともに健康に過ごすことが何よりのニキビケアです。

 

皮脂のみを取り除くケアでは思うように解消されません。

 

ニキビケア用品も年齢に合ったものを使う必要があります。

 

大人が思春期ニキビ用のニキビケア用品を使用しても効果はあまり期待できません。

 

対策が異なることを知っておくことが大切です。